Skip to main content

015欲求不満で輝く美

『セックスでキレイになる』
という説の一番の説得材料は、精神的なものです。
女性ホルモンを活性化させる脳の働きが、
セックスによってもたらされるというものですが、
女性ホルモンはセックスだけではなく、欲求不満や妄想でも活性するほか、
イイ男と食事する時、好きな俳優の映画を鑑賞する時、買い物などなど、
セックス抜きの日常生活でも、活性化することが検証されているそうです。
また、『セックスは痩せる』という説もあります。
カロリー消費が問題なのですが、実は200kcalと言われています。
(一般的なプレイと仮定して)
これは、お茶碗大盛りぐらいとほぼ同じです。
このように、セックスでの消費カロリーは少ないので、
毎日にように励まないと、効果がでてきません。
ただし、毎回のオーガニズムを体感することが条件になるので、
それを与える男側は、なかなか難しいものです。
実際、『欲求不満によって女性ホルモンが活性化し、
結果的にフェロモンが出る』という例もあります。
ですから、女性ホルモンを活性化するために脳を刺激するのであれば、
あえてセックスだけでなくてもいいのではないのかな、と思います。
体ではなく脳で行為に及ぶのが女性の性だと思います。
ある意味、男性よりも本能的な感性が働いているのかもしれません。
福岡に住んでいる方で福岡 デリヘル 求人の人気デリヘル店アラベスクで働きたいけど、
一度も経験がない…、と言う女性の方は、
自分なりに脳をコントロールして、
より魅力的な女性になることを心がけみて下さい。
女性をキレイにするのはセックスではなく、
あくまで脳の刺激によって生み出される女性ホルモンなのですから。
セックスが充実している女性は、もちろん魅力的にも見えますが、
欲求不満の女性には、“あふれ出るパワーの美”という、
輝く『美』があります。